当院では外来で胃カメラ(食道・胃・十二指腸)
大腸カメラ(及びポリープ切除)を行っています。

 胃カメラについて

・当日の予約枠が空いていれば、受診当日の胃カメラも可能です。
 (予約枠がいっぱいであれば後日の検査になります)

・当日の胃カメラを希望される場合、午前中の受診であれば朝食を摂らずにご来院ください。
 前処置の関係上、11時までに受付をお済ませください。

・午後〜夕方の胃カメラも実施しております。
 その場合は朝食を軽めにし、昼食を摂らずにご来院ください。
 午後の胃カメラは16時までに受付をお済ませください。

・沈静(軽い全身麻酔)を希望される方は、検査当日は自家用車の運転をしての来院は
 お控えください。(沈静を行った場合、その日は車の運転ができなくなります)

 

 大腸カメラについて

・あらかじめ下剤で腸をきれいにしなければいけませんので、当日の大腸カメラはできません。
 後日の検査を予約し、食事や下剤の説明を受けて頂くことになります。

・沈静(軽い全身麻酔)を希望される方は、検査当日は自家用車の運転をしての来院は
 お控えください。(沈静を行った場合、その日は車の運転ができなくなります)

・ポリープ切除をした場合でも帰宅可能です。
 しかし、飲酒や運動の制限はございますのでご了承ください。
 (注意点は検査終了後にご説明させて頂きます)

 


当院では「苦痛の少ない内視鏡」を行うために
以下の取り組みを行っております。


  ボタンをクリックして頂きますと、詳細な説明ページへ移動します。


富士フィルムメディカル社の
最新のレーザー内視鏡を導入しました。

小樽市内では3施設目の導入となります。
この最新設備を用いると、特に大腸カメラにおいてはレーザー光+拡大画像によって、
ポリープの性状や深さなどをより正確に判断できるようになりました。


大腸カメラの下剤を飲むための
専用の個室を準備しました。


大腸カメラを受ける際の、下剤を飲むための個室を2部屋ご用意しました。
個室には専用のトイレ、テレビとリクライニングチェアを備えております。
ゆったりとした環境で他人の目を気にすることなく検査の準備を行うことができます。